2017年5月28日日曜日

ダダリオ NB1253

この弦っていつ発売になったんだろう?
先日偶然ネットで見つけるまでまったくしらない弦でしたが
amazonでの取扱開始が2016.2となっているので、まあそのあたりなんでしょう
一応メーカーからの紹介文を以下に示しておきます

  D’Addarioアコースティックギター弦「ニッケルブロンズ弦 」のご紹介です。
  他の多くの弦がギターのトーンに不必要な雑味をつけてしまうのに対して、
  この弦はギター固有のキャラクターをハイライトし、
  その楽器の自然な周波数の音色を奏でます。
  「ニッケルブロンズ弦 」は鮮明さ、共鳴、レスポンスをあわせもち、
  突出して調和が取れていて豊かな倍音を奏でます。
  この非コーティングのプレミアム弦の芯弦には、
  D’Addario独自の代表的な高炭素カーボン「NY STEEL」を採用しており、
  チューニングの安定感と強度が従来の弦より向上したことを実感いただけます。
 
    • 巻弦は楽器固有の品質、本来の音色を表現するために新たに開発されました。 
    • サウンドに圧倒的な鮮明さ、共鳴、レスポンスをもたらします。 
    • バランスが取れた豊かな倍音を奏でます。 
    • D’Addario独自の高炭素カーボン「NY STEEL」を芯弦とプレーン弦に採用し、

     チューニングの安定感と強度が向上。

で、なんで購入したかといえば「サウンドハウスの送料対策」であります
80円の部品が4つ必要だったのですが320円では送料無料にならないので・・・・(笑)
まさかまた昔のように送料のための抱き合わせ商品を探す羽目になるとは思いませんでした


パッケージを開くとシルバーグレーのビニール袋
エリクサーのような各弦個別のパッケージでは無く、この袋に6本全てはいってます


そして、袋を開ければ・・・・全てシルバーの弦があらわれます
ここにきて「ははあ、ニッケルブロンズってこういうことなのか」と気付くのでありますが
まさに太めのエレキ弦です
ボールエンドはダダリオではおなじみの色分けがされており、
弦ごとの色使いも通常のダダリオ弦と同じです


音はともかくとして、まずはこの全弦シルバーという色でかなり好みが分かれそうです
MARTIN 00-15に張ってみましたが、ブロンズ色になれた目にはやはり少し違和感があります
でも、私自身は「慣れの範疇かな」と感じましたし
実際、数時間も経過すると、もうかなり慣れてきたような・・・(笑)


さて、使用感の方ですが概ねこんな感じです

 ・チューニングの安定は特に早くも遅くも無く平均的な範囲でしょうか
  4、5回チューニングしたあとはとりあえず弾けます
 ・テンション感はそれほど強く感じません、また意外といってはなんですけど
  割と良く滑りもよく、スライド時のスキール音も大きくないので扱いやすいです
 ・音は「やや乾いた雰囲気の音ながら非常にサスティンが長い」と感じます
  この感想はどうも「シルバー」という色から影響を受けている可能性も否定できませんが
  いつものフォスファー弦とは少なくともやや異なります
  しかし、良い響き方をして決して悪い印象ではないです  
 ・音量は十分あるといって良さそうです
  また、フォスファーに比べると1、2弦が割と太く甘く鳴る感じがあります

良いか悪いかは別として、「いつもと違う音」を体験できることだけは請け合いです(笑)





ただちょっと意外だったのは
エレキ弦みたいな外観だし、マグネットPUとの相性はさぞかし良かろう
と想像してたんですが、まあ普通といいますか
具体的な数値などを示すことができないので単なる感覚なんですが
どっちかといえば、あまりガツンとくる感じが無くて、優しい感じの音になったような気がします
この感覚が正しいとすれば、私としてはちょっとだけ不満かもしれません

4 件のコメント:

J minor さんのコメント...

ziziさん、こんにちは。

> 他の多くの弦がギターのトーンに不必要な雑味をつけてしまうのに対して、
> この弦はギター固有のキャラクターをハイライトし、
> その楽器の自然な周波数の音色を奏でます。

ってことはエリクサー弦などとは正反対のイメージですか?

> この全弦シルバーという色でかなり好みが分かれそうです

確かに色は微妙ですね。
私の勘違いか、コンパウンド弦ってシルバーじゃなかったっけ?
なんかそんな感じで、安っぽさを感じてしまう人もいるかもしれないですね。

ただテンション感が強くないっていうのは、非力な私に向いているかもなあ・・・。

Zi Zi さんのコメント...

>J minorさん

お久しぶりです~~

ダダリオも勇気あるなあと感心してしまう弦であります(笑)
「不必要な雑味が無い」と確かにありますけど
雑味が魅力な部分も弦にはきっとあるわけでして・・・
まあ見た目も含めて賛否両論賑やかになりそうな弦ですが
とにもかくにも一度実体験しないと
レビュー的にはなかなかお伝えしきれない部分が多いです
「たまには変わった弦でも試してみようかなあ」
と思われたときには是非一度使ってみてください!!
(良い弦ですから~~、って意味だけじゃ無いですけど)
もしかしたら気に入ることもあるかもです

そういえばコンパウンドもシルバーでしたね・・・
うちにもまだ在庫で残ってますけど
使用予定の無いまま朽ち果ててしまいそうです(笑)

丸に橘 さんのコメント...

シルバーですか、、、。
やはり、成金趣味の私としては、「金色」がいいですね。
ですから、いつもプレーン弦も金色のMSP4100を使ってます。
音が違うとのこと。
ブロンズとフォスファーもけっこう違いますから、ニッケルならもっと違うのでしょうね。
かなり前は、コンパウンドを好んで使っていましたから、J minorさんと同じく、コンパウンドのイメージですね。

Zi Zi さんのコメント...

>丸に橘さん

こんばんは~~です!

変わった弦ですけど、音の余韻が長いという特徴もあります
ただ、雑味が少ないというのか
ちょっとストロークには向きでは無いような気もします
とはいえ、今のところ「悪い」という印象は無いですよ~~

色はね、もう好み優先なので(笑)
僕も決して好みとは言えませんけど
しばらくはってたらけっこう慣れちゃってます

気分を変えたいなあって時にでも使ってみてください!