2022年8月11日木曜日

WARM AUDIO WA273 マイクプリアンプ(3/3)

ようやく音作りと使い勝手の話の番がきたw
といっても、この話、結構ややこしいのだけど、上手く書けるのかしら(^0^;)
しかし、書けたとしていった誰がこんなもの読みたくなる??それは・・・

そうです、忘れんぼの私自身のためであります


やりたいこととシステムのおさらい


【①PCを介さない録音・録画を可能にしたい】
下図でカメラ(ZOOM Q8)で録画するケース
最も手軽に録音・録画するというずぼらな私向きの使い方

【②PCでも録音・録画を可能にしたい】
マイクから録音・録画までの信号距離を最短(リバーブを通さない)にして、
可能な限りマイク&WA273の「素の音」を記録したいという使い方
出来れば動画も撮れるといいかも

【③モノラル録音もステレオ録音も可能にしたい】
下図はステレオ録音を想定したものです
しかし、アコースティックギターの宅録だとモノラルの方がなんとなく芯があって良いってこともあります
気分次第でどちらも出来るならそれにこしたことは無いですね

【④すっきりして使いやすいシステムにしたい】

下のように図にかくとそれほどごちゃごちゃした感じはしませんが
実際に組んでみると、それはもう雑然として、ごちゃごちゃしたコード類に絡め取られそうな気になってしまいます
いつでも気軽に使える、そんなシステムにしたいです


「①PCを介さない録音・録画」の調整事項


【Q8の録画で音声がクリップして歪みまくり】
ZOOM Q8のレベルメーターは振り切れていないことから、犯人はすぐに判明、LEXICON MPX110への過大入力でしたので以下で対応
 ・UR816cのLINEOUT4L/Rの出力を-9dBに変更
 ・MPX110のゲインをやや下げる
WA273の出力を下げる方法もありましたが、これを下げてしまうとせっかくの「WA273メインのシステム」って味が失われそうな気がしたので断念しました

【Q8の録画の音がなんだかぼやける】
「画質は良くないけど音だけは良い」と定評のあるQ8(笑)
そして、UR816cのヘッドホン出力は切れの良い音を聴かせてくれてるので・・・
やっぱり犯人は、LEXICON MPX110・・・
ただ、リバーブというのは多かれ少なかれもとの音像が多少はぼやける傾向にはあります
 ・MPX110のエフェクト量やミックス量を調整
 ・ZOOM Q8のLINE入力ローカットをオフから120Hzに変更
一応こんな感じでの対処となりました
ローカットに関してはWA273ですでに160Hzに設定済だったので、Q8でローカットというのははなはだ不本意でしたが、背に腹は代えられない(笑)

【Q8の録画の音に大きなノイズがのる】
「あれ?昨日までなんともなかったのに・・・」ジージーガーガーと不均一で大きなノイズ
実はQ8の録画データをPCに取り込もうとしてUSB接続したままでした
このことで「PC→UR816c→MPX110→Q8→PC」という立派なループが完成(^0^;)
前回の記事で「ループには気をつけましょう!」と書いたばかりでしたのに、しっかり実践してしまいました
PCからUSBケーブルを抜くと静音に戻りました・・とさ(笑)
参考までにこのループはPCの電源を落としても切れませんでした
PCには電源を落としてもUSB給電が継続しているものとそうでないものがあります
使用しているPCは前者のタイプだからループが切れなかったのかもしれませんが、後者であればループが切れるのかどうかは今のところ不明です

「②PCでも録音・録画」の調整事項


【UR816cのヘッドホン出力では良い音なんだけど録画の音質は・・・ねむい】
私の理解では、UR816cのヘッドホンモニターの音とUSB出力の音は同等のはずです
試しに録音だけをAudacityでやってみると「眠たい音」にはなりません
「録画アプリ」そう、君が犯人だぁ~~!
そして今使ってる録画アプリはOBSなのでありました

OBSの音質設定はなかなか奥深く(わかりにくいともいうw)、別途のコーデックをインストールする等の大技もあるようですけど、なんとかOBS自身の設定で対応しようとトライアルした結果、以下のとおりとして、なんか微妙な点はあるけどそれなりな結果を得ることが出来ました


まあ、マイクテストなどのシビアな音録りの時は音声のみをDAWで録ることにしましょう

【PC録音の音量が小さい】
UR816c→パソコンへのUSB出力は「WA273の出力&UR816cのゲイン」に依存しています
WA273の音質を最大限活かすという観点から、UR816cのゲインは最小(左一杯)にしていたのですが、2目盛ほど上げることで対応しました
ただ、このことは「①PCを介さない録音・録画」にも影響があるので、両者のバランスをみながら微調整が必要となりました


「③モノラルもステレオも録音・録画可能」


これは比較的簡単!!
Steinberg UR816cのコントロールソフト「dspMixFx UR-C」の設定で可能でした
ステレオ録音時には、2本のマイクを有効にしてそれぞれ左右にパンを振り切る
モノラル録音時には使ってない方のマイクをミュートし、使っている方のパンをセンターに! ということでしたw

モノラル録音時
ステレオ録音時

「④すっきりして使いやすいシステム」


【ケーブルは出来るだけまとめましょう】
2本のケーブルを1本にまとめるだけで、見た目の「雑然感」はかなり異なります
見た目だけではなく、どのケーブルがどこに向かってるのかがわかりやすくなるのもメリットです
私はこんな時「スパイラルチューブ」を使います
確かにクルクル巻き付けていく作業はめんどくさいことこの上ナシですが、実は私この作業が結構好きです(笑)
といっても、さすがに巻き直しは大変なので、巻く前に「何と何を束ねるか」は十分慎重に考えておきましょうw

【カメラ類はアームスタンドに設置】
カメラはアングルが命!(笑)
そんなとき自由度の高いアームスタンドは大変便利、かつ省スペースにも役立ちます
今回はZOOM Q8、webカメラの2台がありますから、アームの先端にカメラ2台用のブラケットを装着し、さらに自由雲台を取り付けてカメラをマウントしました
我ながらちょっと格好いいかも・・・自画自賛w
ここで1つ注意、まったく同じに見えるアームスタンドですが、カメラ用、マイク用の2種類が存在します、用途に応じたアームスタンドを購入してくださいね

【電源も問題ない範囲でまとめてしまう】
問題というのは、複数機材を同じタップに接続するとノイズを発する可能性があるということです
問題が生じなければ、ひとまとめに電源オンオフ出来るタップを使うと、とても便利かつすっきりします
ただ、後になって思い出したのですが、
ラック用のパワーディストリビューターが1つ余ってた・・(^0^;)
それ使ってればノイズの問題も起きなかっただろうに・・・
しかし後の祭りw

【オマケ:デスク周りに機材を置くならディスプレイ台の省スペース効果は絶大!】
パソコンでキーボードを必要とする場面は、仕事でなければ意外と少ないものです
使わないときにはディスプレイ台の下に収納するだけでデスク周りは相当すっきりします
私は、2×4材を足に、3cm厚の板を天板に使って自作しました
上に乗せるシステム重量は20kg程度ありますが、さすがに3cmの板はたわみません


最後に残った問題が1つ・・・・それは

組み上がってしまうと興味を失うという私の性分・なわけで(笑)


-------------------------------------
WARM AUDIO WA273  (1/3)  (2/3)  (3/3)
-------------------------------------


2022年8月5日金曜日

WARM AUDIO WA273 マイクプリアンプ(2/3)

 せっかくくみ上げたシステムなのに「ブーン」という嫌な音がします
うんうん、これ聴いたことあるノイズだ
なんだかとってもいや~な、どんより~とした気分



ノイズの種類と原因(あくまで私見)


これまでの経験則を元に、ノイズについての私的な見解をかいてみます
電気知識のある方には「何言ってんのこの人」と思われるかも知れませんが、その場合は何卒笑ってお見逃しください

【サーノイズ】
「サー」または「シャー」という音が、小音量かつ比較的一定して聞こえます
 ・他の機材の電波干渉
 ・機器固有の問題(機器のセルフノイズ)
 ・電源由来
等が原因ではないかと考えています
主犯はセルフノイズか電源由来だと思いますが・・・・
セルフノイズだと・・・これは不運と言いますか、自己解決不能と言いますか・・メーカー修理しか手がないかなと思われます
ですが、だいたいは「不具合はありませんでした」と伝票に書かれて戻ってくる(泣)
我慢か使用をあきらめるかを迫られるノイズであります

【ザー(ガー)ノイズ】

ザーとかガーとかその他の音とかが混ざったようなノイズです
 ・ループノイズ
 ・電波干渉
 ・まれに電源由来
の3つくらいが考えられますが、ループというのは、例えば、

「エフェクターA→オーディオインターフェイスー→パソコン→エフェクターA」
というように信号が輪のようにつながってしまう状態です

この例では、最後の「エフェクターA」は音声的には接続不要であっても、制御用につないでしまってるということがあり得ます
ループすると必ずノイズが発生するわけでもありませんが、かなり高確率で発生します
機材によっては輪っかを断ち切るために「グランドリフトスイッチ」がついているものもあります(残念ながら試したことはないですが)

【プチプチノイズ】
不調のコンデンサーマイクで時々耳にします
基本的になすすべ無しですが、まれにマイクを乾燥剤にぶっ込んで放置すると治る場合があります(笑)

【ブーンノイズ】
一般にはハムノイズと呼ばれてるもので、ブーンという字面よりももっと低周波で一定したノイズです
 ・家電、照明による干渉
 ・アースがとれていない
 ・コネクタの接触不良
 ・電源由来 等々
ということがよく言われますが、我が家では家電を切断して解決したことは一度も無く、
 ・ギター(エレアコ)本体からならアース処理
 ・マイク等ならコネクタの接触改善
で概ね解決しています
ちょっと特殊な場合としては、エレアコを機材につなぐ際、シールドを機材にはつないでいるがエレアコにはつないでなく、端子が宙ぶらりんの時にも発生することがあります

【おまけ】
上記でお気づきのとおり、「他の機器からの干渉」「電源由来」は幅広くノイズの原因となり得ます
 ・ノイズ発生時に電源が入っていた他の機材や家電、スマホ、パソコン等の機器の電源を
 「1つずつ」落としてみて、状況確認する
 ・コンセントの差し込み場所を変えてみる
 ・テーブルタップを高品質なものに変えてみる
 ・可能な機材は電池やモバイルバッテリーも試してみる 等々
ノイズ対策って本当に地道で根気を要しますし、「何をしてもダメ」なんて結果もままあります、結局運次第なのでしょうか??
しかしですね、幸運も容疑を1つずつつぶしていくという地道な作業の結果でしか得られないのでありますよ(^0^;)

さて今回はハムノイズです


「ブーン」という音を聴くとほんとに気分が悪くなります(笑)
ノイズの問題って「犯人はおまえだ!!」なんてすぐにわかるわけはないので、容疑者をしらみつぶしに当たっていくしかありません
ノイズ対策の労力の半分以上はこの「犯人捜し」になるのですが、機材単品ならいざ知らず、いくつかの機材を接続したシステムとなると・・ノイズで気分が悪くなるのわかっていただけますでしょうかw
余談ですが、大量のスタジオ機材を組み上げるエンジニア氏、神のごとしと思ってます

ただ、今回はシステムに組み込んだ「マイクプリアンプ」「オーディオインターフェイス」「リバーブエフェクター」のいずれも単体動作時にはノイズレスであったことや、パソコン等の機器を電源オフしてもノイズが発生していたことが確認できていますから、
 ①接続端子の接触不良
 ②機器相互の近接に伴う干渉(4Uラックケースに組み込んだので・・)
 ③電源タップをケース内に仕込んだことによる影響
 ④WA273へのアース線非接続
のどれかが犯人であると想像しました

まあ、こんな場合簡単なところから手をつけていくのがセオリーというものです
②はせっかく組んだシステムをばらすのが大変
④は実際上ムリ   ということになれば・・現実的には①、③になります

【接続端子の清掃&抜き差し】
接続ケーブルの抜き取り、及び端子部分を接点復活材を含んだ綿棒で清掃&拭き取り後に再接続します
この際、数回抜き差しし、確実なジャックとプラグの接続を確認します

【電源タップをケース外に移動】
4Uエフェクタケース内にマジックテープで止めていた電源タップでしたが、はがしてケース外に移設します
もともとこのケースはアコギ用のエフェクタセットとして「持ち運び」前提で電源を内部に仕込んでいたのでしたが、今回の用途は完全な据え置き使用なので問題なしです

【結果やいかに!】
おみごと!消えましたよ~~!よかったよぅ!!w
残念ながら端子の処理、電源タップのどちらが有効だったのかわからないのですが(笑)
私としては「電源タップ」が最有力と思っています
  ※このタップにはACアダプターも刺さっていましたので
しかし、結果良ければすべて良しであります


形だけは整いましたが、これから音調整!!

まだ先は長い~~!!

-------------------------------------
WARM AUDIO WA273  (1/3)  (2/3)  (3/3)
-------------------------------------

2022年7月30日土曜日

WARM AUDIO WA273 マイクプリアンプ(1/3)

スタジオコンソールの世界に輝かしい名を残すRUPERT NEVE ( ルパート・ニーブ)氏
残念ながら2021年2月、94歳で亡くなられましたが、プロ用機材ばかりでなくマイクプリアンプをはじめとする一般向けの製品も数多く、プロアマ問わず今も多くの人に愛用されています

1970頃発売という「NEVE1073」

ただ・・・私のような者からすれば、あまりに高嶺の花!かつビンテージなんて入手自体困難
もちろん実機を見かける機会もなければ音を聴く機会もないわけです
「ニーブ最高!」というネット記事にあこがれはつのるばかりですが、正直、何がニーブの音なのか、何が良いのかもよくわからないのであります

しかしながら、ニーブコピーやニーブクローンという機材がいくつかのメーカーから発売されており、本家をしのぐと言われるオーロラオーディオのような高級機もある一方で、中にはかなり安価なものも存在します
もちろんニーブ本来の音を知らないのだから、それらを聴いて「うんうん、これだよ」なんて満足はないのですが、ニーブワールドの末席に座った気にくらいはさせてくれます(笑)

私自身、いわゆるニーブ系と呼ばれるGOLDENAGEやFOCUSRITEなどの製品を使ってきましたが、ニーブクローン機の中ではダントツのコスパと評価を誇る「WARM AUDIO」を試していないのが心残りでありました・・・・


そもそも必要か?マイクプリアンプ


あくまで音響やレコーディングのプロでは無い「私」からみたマイクプリアンプ考です

【確かに無くても大丈夫とは、いえる】
最近のオーディオインタフェイス内蔵のマイクプリは大変よく出来ていて、そんなに不満を感じる場面はありません
単体マイクプリアンプの使用、非使用で音がどう違うかを上手く言葉にするのは難しいくらいですから、ある意味「無くても大丈夫な機材」と言えるかも知れません
いずれ近い将来、オーディオインターフェイスのマイクモデリング技術がさらに進化し、「昔はあったよね~マイクプリアンプ」なんて日が来るかもしれませんw

【しかしながら、「なんとなく違う」のだ】
単体マイクプリアンプを使うと、上手く表現出来ないのですが、音のなめらかさ、密度感、透明感、太さ、立ち上がりの良さ、そんなものが少しずつ微妙に違って来るように(私は)思います
ネット上では1つの表現として「音が前に出てオケに埋もれない」等と表現する方もいらっしゃいますが、これはアコギソロ録音が目的の私には「ちょっとわからない世界」ではあります
ただ、いずれにしても「なんとなく違う」は、聴く人の「耳の質と経験値」があってこそですから、違いの大小も人それぞれだし、違わないと感じる人もいると思います

【無くても大丈夫、違いも微妙なら、なぜ使う?】
なんとなくだろうが、微妙だろうが「違う」と感じたらそこを追求するのが「趣味」というものだからです(笑)
私、一時期ゴルフにはまりましたが、距離が伸びる、打感が違う、強い球筋、易しく打てる・・そんな「ようわからんもの」を求めて毎年のようにドライバーを変えてた時期があります、趣味ってそんなものです
おっと話がそれそうw
しかし、趣味でかけられるお金には限りがあるし、WARM AUDIOだって安いとはいっても13万はアマチュアに優しい金額ではありません
私にとって、そんな投資に見合う動機(言い訳?)はこんなものです
 ・世間の評価をみるかぎり、きっと思うような「違いがある」にちがいない
 ・いや、そもそもその「評価」の真偽を確かめたい
 ・自身の「耳の性能」も試してみたい
 ・スタジオにもあるような機材を使うという安心感
 ・単なる見栄や好奇心、根拠の無い期待感・・・etc
問題は、「買う前に違いはわからない」ということ
私自身は、マイクやマイクプリの購入遍歴とネット評価で想像しますが、まあね、そりゃ「がっかり」だってないわけじゃないっすw
でも今回は、買って良かった!と思っております!!

WARM AUDIO WA273

どのレビューを見ても「これは良いね」という言葉が並びます
もちろん「価格を考えれば」というのが前提なのでしょうけど、「NEVEの音だ」という言葉には、心を揺さぶられます(本家は知らんけど・・・)

購入はいつものサウンドハウス、5%オフキャンペーンで決意しましたw
1Uの機材にはあり得ないほど巨大な箱(輸送用ではなく製品の箱です)で一瞬目を疑いましたが、大きさだけでなく重さも尋常ではない(^0^;)
しかし、そこは昭和生まれの私・・・「重いものは良いものだ教」の信者なので大満足です

実はこのWA273は音だけじゃなくて、見た目も本家NEVEに似せているらしい・・
ミーハーな私はご本家は知らなくてもすっかりNEVEユーザーの気分であります(笑)


コントロール


WA273には英文マニュアルしかついていませんので、私自身のためにも(笑)、ここですこしグーグル先生に手伝ってもらいつつ、各コントロールの機能を紹介しておきます

1.+48Vスイッチ
48ボルトの機能は、コンデンサーマイクやXLR入力を介して継続的なファンタム電源を必要とするその他のデバイスに電力を供給します。この電力は、音質の低下を防ぐために一定のレベルで供給されます。ファンタム電源がアクティブになると、隣接するLEDが点灯します。

2.極性スイッチ
この機能は、信号の極性を反転させます。複数のオープンマイクで録音する場合は、極性スイッチを使用して、マイク間の位相キャンセルに対処します。

3.トーンスイッチ
使用する(押す)とWA273の入力インピーダンスは300オームになります。
押していないときのWA273の入力インピーダンスは1200オームです。
この機能により、ほとんどのマイクのトーンが顕著に変化します。
コンデンサーマイクとダイナミックマイクには1200オームのインピーダンス設定が推奨され、ダイナミックマイクとリボンには300オームが推奨されます。
このスイッチには、理由から「トーン」というラベルが付いています。ほとんどのリスナーは、切り替えられていない設定がよりオープンで自然であり、エンゲージされた設定がよりパンチの効いた、アグレッシブな、または厚いことに気付くでしょう。すべてのソースで両方の設定を試して、録音に最適なトーンを見つけることを強くお勧めします。
特定の状況でどの設定を使用するかについては、耳を最終的に判断してください。(・・と説明書に書いてありますw)

4.ライン入力スイッチ
WA273背面のTRSライン入力に接続し、XLRマイク入力を切断します。

5.インサートスイッチ
挿入ループを信号パスに切り替えます。

6.インストルメントスイッチ
WA273の前面にあるインストゥルメント入力をオンにし、XLRマイク入力を切断します。

7.TS機器入力
WA273の前面パネルの機器入力に、アコースティックおよびエレキギター、ベースギター、キーボード、シンセサイザー、ドラムマシン、といったさまざまな機器を接続できます。

8.ゲイン調整ノブ
音源のゲインを調整する22ポジションのゲインスイッチです。

9.ハイパス(ローカット)ノブ
50Hz、80Hz、160Hz、300Hzの間で切り替え可能。
 ※オクターブスロープあたり18d8と書かれているが・・意味がよくわかりません

10.出力制御ノブ
WA273を出る信号を制御します。録音デバイスまたは信号チェーン内の次のデバイスの入力に過負荷をかけないようにします。
また、プリアンプのゲインをより強く駆動する能力が向上し、さまざまな設定でより優れたカラーリングとトーンシェーピングが実現します。

システム構築


さて、WA273単品でも使えなくはないのですが、使い勝手を考えるとそんなわけにもいきません
 ・PCなしでも、マイク録音(録画)が可能、この場合は高品質なリバーブが欲しい
 ・もちろんPCでの録音も可能、このときはオーディオインターフェイスのリバーブでOK
 ・ステレオにもモノラルにも対応可
まあそんなことを考えながら、以下のようなシステムとしてみました

問題は、「ステレオにもモノラルにも対応可」という部分です
本来リバーブはWA273のエフェクトループ端子につなぎたかったのですが、マイク1本の場合でも対応するため、
 ・信号の流れを単純化しておきたかった
 ・確実にモノラル対応とするにはUR816cのミキシング機能の活用が確実
と考えたので、とりあえず直列接続としています



ここで、一応の音出し確認を実施

しか~し、ここでノイズトラブル発生!!!


(次回に続く)

-------------------------------------
WARM AUDIO WA273  (1/3)  (2/3)  (3/3)
-------------------------------------