2019年11月20日水曜日

ヘッドフォンアンプ Topping NX1S

ヘッドホンアンプ、本来の目的で使うわけではありません
弾き語りシステムの途中にルーパーを挿入したところ若干の音量レベル低下が起き、
その回復のためのアイテム、なわけです


Topping NX1S


【製品概要】

  ●長時間稼働、1回充電で40時間連続稼働。
  ●メタル殻、美しい外観。小さくて携帯に便利。
  ●MicroUSBインターフェースで充電に便利。
  ●TOCOS音声専用ポテンショメーターを採用し、高音質再生を実現します。
  ●電池インジケーター付きで、充電が知能化されます。

【主な仕様】

  ●寸法:8.4cmx5.5cmx1.0cm
  ●重さ:78g
  ●電源:DC5V/1A(パソコンのUSB充電可)*
  ●充電時間:<4h(DC5v/1Aの場合)
  ●電源の使用時間:>40h
  ●THD:<0.0005%
  ●SN比:≧117dB
  ●暗騒音:く3uV(G=L)}<7uV(G=H)
  ●ゲイン:OdB/8.7dB
  ●BASS:OdB/4dB
  ●最大出力:150mW〔32Ω);25mW(300Ω)
  ●周波数応答:20Hz-100KHz
  ●最適のヘッドホンインピーダンス:16-300Ω
     *注意・充電器の出力電圧が5Vを超えることはできません。


導入の事情など


音量回復のために考えたのは以下の二つでした。
 ①元々の出力(VoiceLive2:ボーカルエフェクター)を上げる
 ②増幅装置を追加する

しかし、①はVoiceLive2の出力が現状でマックスであるため叶いませんでした
②は、手元にBeharinger HA400があったので試してみたのですが、かなり大きなノイズが出ます
電源由来かと考え、いろいろ試しましたが解消しませんので、
「HA400壊れた?」とも思いましたが、別の用途で使うとノイズは出ません

まあ、このように現状で試せることはいろいろとやってみましたが、全て沈没(^0^;)
しかし、あきらめきれない(笑)
ヘッドホンアンプが全部ダメってワケじゃないよね、と言うのが今回の成り行きですw


結果やいかに・・


低ノイズです!

ほんとに低ノイズできれいな音です
なんだか、導入前よりもすっきりとした感じはとっても好感触!!

 低出力です!

私自身の用途に関しては、十分な音量アップとなりましたが、
ゲインスイッチがノーマルのままだと、利得幅は本当にわずかです
ヘッドホンを大音量で聴きたいという、ヘッドフォンアンプ本来の目的で購入された方には
少々物足りないかもしれません
ゲインスイッチを+8.7dBにすると、かなり大音量となりますが
ほんの少しざらつきを感じるかもしれません(私自身は全然許容範囲内ですが)

据え置き使用にはちょっと残念なことも

充電式ですが、充電しながらの使用も可能です
据え置きで使用するのだから、できれば充電量を気にせず使いたいので
USBコンセントやUSBハブから電源供給をしてみると、ノイズが出ます
モバイルバッテリーからの給電だと、全くノイズ無しなんですが・・・なんだかなあ(^0^;)

オンオフスイッチがボリュームつまみと供用です
なので使うときは、このつまみを回してオンオフと音量調整をするのですが
小さくて回しにくい上に、音量を毎回一定にするためには目印でもつけておかないと無理です
NX1S本来の使い方では無いので仕方ない部分もありますが、ちょっと残念かも

 
邪道な使い方ゆえ、
 
目的は達したが使いにくいと言う結末・・・・
 
さてこのまま、おさまるのでしょうか???

2019年11月14日木曜日

コーラスDigitech CR-7とソロギター「YESTERDAY」

コーラス・・・これまでどうしても好きになれなかったエフェクトですが
やっぱりちょっと試してみようかとw

Digitech CR-7


これまでノーマークだったエフェクターなので、何が良いのかもさっぱりわからない
しかし、一応の条件はありました

 ・頻繁に使うことは無いと思うのでバイパス時の音質劣化があまりないもの
 ・ステレオ対応であるもの

それでも、なかなか絞り込めるものではないのだけど、
うちにはすでにRV-7と言うリバーブがあるので、
ある程度条件を満たし、かつ「おそろい」的な感覚でCR-7にきめてみたわけです

しかし、すでに製造&販売が終了している商品で、基本的には中古しか存在しないのですが
運良く新品のデッドストックをしかもかなり安価に見つけたので即購入となりました



【特徴】

■7つのコーラスタイプ
  •Studio – ワイドなステレオ感を持つスタジオクォリティーのコーラス
  •Multi – CR-7の中で最も豊かな効果が得られる8ボイスコーラス。
  •Modern – リッチでスムースなデュアルボイスコーラス
  •Boutique – 豊かではあるが、気まぐれなコーラスサウンドを生み出す特別なアナログコーラス。
  •Analog – 明瞭なバケツリレー方式アナログコーラス。
  •Jazz – ドライアウトプットを伴うシングルボイスコーラス
  •Vintage – 様々なシチュエショーンで利用できる、温かみのあるコーラス
■完全なるステレオ入出力
■ハードワイアーバイパス(トゥルーバイパス)
■ハイボルテージオペレーションによる、高音質と低ノイズ
■以下のアクセサリが付属
  •Stomplock™ (コントロールノブをスッポリ覆うラバーブロック お気入りのセッティングを
   アクシデントから保護)
  •Pedal Switch Glow Sticker (スイッチペダルに貼る蓄光ステッカー)
  • Custom-cut Hook and Loop Pedalboard Pad (ジャストサイズにカットされた
   ペダルボード固定用マジックテープ)

【主な仕様】

■入力、出力
  • 入力: 完全左右独立、¼" アンバランス (Tip-Sleeve)
  •入力インピダンス: 1 MOhms (stereo), 500 kOhms (mono) – エフェクトオン時
  •出力: 完全左右独立、¼" アンバランス(Tip-Sleeve)
  •出力インピダンス: 1 kOhm – エフェクトオン時
■Controls
  •Level, Speed, Depth, Chorus Type knobs
  •On/Off foot switch
■コントロール
  •Levelノブ、Speedノブ, Depthノブ, Chorus Typeノブ
  •On/Offフットスイッチ
■電源
  •電源入力: 9 VDC
  •消費電力: 705mW(PS200Rパワーサプライ使用時)
  •消費電流: 70mA(バッテリー使用時)
  •バッテリータイプ: アルカリ 9 VDC 1個
  •電池寿命: 4時間
■オプション パワーサプライ
  •PS200Rパワーサプライ(税込¥2,625)
■全般
  •サイズ: 134(D) x 89(W) x 55(H) mm
  •重量: 約590g(パワーサプライ除く)

感想など


実は、コーラスの善し悪しを語るほどコーラスのことをよく知りません(笑)
自分が気持ちよくなればそれで良いという程度の価値観なのですが
その意味では十分に満足できました

ただ、CR-7をラインに組み込むとほんのわずかですがノイズを生じます
汎用のパワーサプライを使用しているので、そのせいかもしれませんが、
それが唯一残念な点です


さっそく使ってみた


ビートルズの「YESTERDAY」を弾いてみました
な~~んと、このブログでも初披露の新曲です(笑)
まあまあコーラスの実験としては十分満足ですが、
演奏としては「新曲じゃ~!!」って胸張れるほどには、うまく弾けませんでした(^0^;)
言い訳になりますが、弾き始めてまだ2日・・・・
短期間で弾けて暗譜も可能なわりに、美しく良いアレンジだと思うのですが、
2日練習して少し飽きてきたw

易しいとは言っても、
こんな比較的単調なスローバラードは、ちゃんと弾くのがほんとうに難しいのですが、
そんな風に弾きこむだけの根気はもう無いみたい
なので、このまま練習を続けて、完成披露!というのはもうなさそうです(笑)



さて、今回のコーラス実験のために、しばらく出番のなかったRV-7にもご出場いただきました
 
DIGITECH HARDWIREブラザースです


2019年11月8日金曜日

マイク5本を放出!

今後少しずつすすめていく機材整理の一環ですが、
BOSS RC-10Rの犠牲になったともいえますw


【JTS CX-500】

楽器用の豆粒マイクですが、いやいや良い音でした
出番が少ないと言う理由での放出ですが、
出番が少ないのはやっぱり細くて切れないかといつもひやひやするケーブルのせいかも
後ろ髪引かれる1本です

 

【JTS TX-9】

低出力ゆえに評価が分かれるかもしれませんが、
コンデンサーマイクらしい繊細さをちゃんと感じられる良いマイクです
そして、めちゃくちゃに低ノイズ、録音後に少々増幅してもへっちゃらでした
ペンシルのくせに低音も十分に拾ってくれる優秀なマイクでした


【SONY PCV80U】

いつだったか「歌ってみたの定番マイク」というネット情報で購入したUSBマイクです
一番の目的は、PS3のJOYSOUNDカラオケで使うためw
低域が若干弱いですが、その分引き締まった音になるので
男性ボーカルには良いかなと思えるマイクでした


【BM-800】

今や中華マイクの名機と言っても良いのでは??
初めて買った青の方の音の良さに驚き、黒を追加で購入したのでした
某所の情報から改造も志したのですが、目の衰えで断念
これはもう本当に無念の放出なのでありますが、いかんせんマイクが増えすぎた(^0^;)
断腸の思いで断捨離です


【TASCAM TM-80】

親しい友人が購入したので、私も購入(笑)
機材にあまり詳しくない友人なので、音質調整などできる限りのサポートをとの思いでしたが
あれからもう1年近くが過ぎ、友人も十分使いこなしている様子なので、お役目を終えました
しかし、サポート用途のみだったために、ピッカピカの新品同様・・・・正直、惜しいですw


 
 
みんな元気で嫁いでゆくのだよ~~~
 
かわいがってもらえよ~~!!