2021年4月19日月曜日

BEHRINGER X AIR XR16 デジタルミキサー

現在使用中のシステムからミキサーが姿を消して久しい
ソロギター、弾き語り、マイク録音・・・
うちにはいろんな音源が個別のシステムとしてあるわけだけど
ミキサー通さなくても切り替えて使えば全然問題ないという判断でした
しかし、いろいろ事情もかわるもので・・・・

そもそものつまずきはZOOM UAC-8


ZOOMの誇る8ch高速オーディオインターフェイスですが

8chの2mixをメインアウトから出力可能と勘違い

したのがそもそものつまずきでありました
DAWであれば8chを個別に扱えるのですが、
AudacityやOBSのようなごく一般的な音声処理ソフトでは1,2chの音声しか扱えない
ということは・・・・1,2chに入る音を「ソロギター」とか「弾き語り」とかで
用途に応じて切り替えるしかないワケです

現在までのシステム構成


以前にも「弾き語りシステム」として紹介した下図のとおり
弾き語りシステム、ソロギターシステム、エレキギターシステムのそれぞれは
SONYのラインセレクターで切り替えてから、UAC-8の1,2chに入ります
また、ガチのマイク録音は、音質劣化を避けるため
マイクプリアンプからUAC-8に直接入るようにしていました
 ・GOLDEN AGE⇒UAC-8の6chに
 ・FOCUSRITE⇒UAC-8の7、8chに

となるとどういうことが「出来ないのか」
 ・ライブ配信などでは良いマイクでとったギターの生音とかは聴いてもらえない
 ・ソロギターシステムのギター音を使った弾き語りなどは出来ない
 ・ソロギターシステムにはマイクがつながってないので、Q8の内蔵マイクが必要
 ・ソロギター、弾き語りの音はZOOM Q8を通過するためQ8の電源オンが必要
  (Q8での録音を想定しているため)
 ・ガチのマイク録音の音はDAWでしか録音できない(Q8での録音は不可)

まあ、どれも致命的ってわけではないので、これまで放置してきたのでしたが
ライブ配信でどうしても「良いマイクの音でギターの生音を聞いてもらう」必要を生じ
ミキサーの導入に踏み切ったのでした

BEHRINGER X AIR XR16


【選定理由】
外見でも明らかなように、普通のミキサーにある、フェーダーやつまみ類は一切ありません
LANまたはWifiで制御することが前提のミキサーです
すでに座席周りが機材で埋め尽くされているなかで、ミキサーの置き場所を考えたのですが
どう考えても、操作しやすく見やすい位置にはおけそうもない
そうなるともう、このようなデジタルミキサーしか選択肢がなかったのでした
【主な特徴】
XR16の主な特徴というのは以下のとおりです
 ・コントロールアプリで全ての機能が制御可能
 ・高品位なエフェクトが内蔵されている
  (特にLEXICON REVERBが搭載されているのは魅力的でした)
 ・USBメモリへの録音、再生が可能
 ・オーディオインターフェイス機能は無いことに注意

【コントロールアプリ】
PC版のコントロールアプリはこんな感じです
マニュアルの力も少しは必要ですが、概ね直感的操作が可能な良く出来たアプリです

【エフェクト】
あまり使いませんけど、LEXICON REVERBはとても良い感じ!
Lexicon PCM Native Reverb Plugin Bundleとよく似たにおいがしますw
EQは内蔵エフェクトとしても用意されていますが、
それを使わなくても標準装備のチャンネルストリップで十分です
ただコンプはチャンネルストリップのだと効き方がやや過敏で使いにくいかな
とはいえ内蔵エフェクトのコンプはまだ使ってませんけどw

【音質】
十分良いです!PA用途ならほぼ文句なしじゃないでしょうか
宅録用途でも、超低ノイズなのが本当に嬉しい
ただ、稼働させたばかりの時は、ややハイ落ちしたかなという感触があったのですが
半日ほどでそれも感じなくなったので、録音用とでも十分使えるレベルです
それほどデジタルっぽさも感じさせませんが、
どちらかといえば、ややスッキリ系の音と言えそうです

USBメモリーへの録音・再生について


【USBメモリのフォーマット】FAT32です

【XR16での録音とその再生】
これは特に注意することなく、普通に可能です
このときの録音仕様は、ビット深度は16bit、
サンプリングレートはSETUPで設定した値(44.1kHzまたは48.0kHz)となります

【PC内音源の再生】
以下の条件を満たせば、PC内の音源をUSBメモリにコピーしてXR16で再生可能となります
BGM再生などに便利です
 ・WAV形式
 ・ファイル名は半角英数字のみ(日本語等の全角文字を含むとXR16で表示されません)
 ・ビット深度16bit
 ・サンプリングレートはSETUPで設定した値(44.1kHzまたは48.0kHz)にあわせる
元の音源の仕様が上記と異なる場合は変換を要します
フリーのAudacityでも簡単に変換できますのでご活用下さい
 ・元の音源を読み込む
 ・画面左下の「プロジェクトのサンプリング周波数」を
  XR16のSETUPで設定した値(44.1kHzまたは48.0kHz)にあわせる
 ・書き出しで「WAVとして書き出し」を選択
 ・16bitで保存(ファイル名は半角英数字とする)

まとめ


いまのところ「これは良いミキサーだ!」というのが正直な感想です
もちろん、上で書いた「出来ないこと」は全て解消しましたし、
基本的に有線LAN接続で使用していますから、Wifiでの通信切れなどもあり得ず
今のところマイナスポイントは一つも無いです
USB録音再生機能も地味に便利です

使用10時間未満の新古品と言うことで、市場価格の6掛け程度で入手出来ましたが
こんな値段で良いのだろうか、って思ってしまいます
もっと早く導入してたら良かった!(笑)

ちなみに、置き場所が狭く、仕方なく縦置きとしています
当然、電源スイッチと電源コードの差し込みが上側になるのですが
下側には排気口がありますので、「これをつぶすとまずいよな」という配慮から、
写真のように下駄を履かせて排気を確保しています



2021年4月13日火曜日

Geekria QuickFit 交換用イヤーパッド

 本来は、Audio Technica ATH-M50X, ATH-M50XBT, ATH-M40X, ATH-M30, ATH-M20, ATH-M10 ヘッドホン用の交換イヤーパッドなのだが・・・・


SONY MDR CD900ST用に購入!
たしか「マイク作成中」というタイトル(部屋名)だったように思うのですが
もう本当に気まぐれで入ってみたSYNCROOMのとあるお部屋
マイクから始まり、いろんな機材のお話に発展!(笑)
まさに、私にとっては天国で過ごす時間のようでしたが、その中で話はヘッドホンに!

「900ST用ではないんだけど、安くて高性能で最高!」

と教えてもらったのがこのイヤーパッドでした
上にも書いたように本来はAudio Technicaの交換用イヤーパッドです
しかし、ちゃんと装着できるし、音も良くなるとのこと・・・・もう試すしかない!!w

amazon価格は、1165円(税、送料込み)です


いつも激安品しか使ってない私には少しお高いとも感じられましたが
冷静に考えれば、十分以上に安い!!
それに、写真の質感からしてCD900STのあの「いかにも劣化しそうな表面」に比べて
とても丈夫そうに見えます

早速装着!
SYNCROOMでのお話では「多少大きいかも」と言うことだったのですが
なんのなんの、ジャストフィットです
むしろ、あてがったときには「これ本当に入るのかなあ」と思えるほどでしたが
装着してみるとぴったり!!

写真でもわかるように厚さが倍くらいあるのが特徴です
そのせいか、たしかに一回り大きくも感じます

左:交換したパッド 右:元々のパッド

交換パッド装着時の注意点としては、どのパッドでも同様なんですが

遠慮は無用!!ということ

「もしかしたら破れるかも」なんて遠慮をしてたら、絶対にはまりません
激安品であっても、私自身の経験では思い切り引っ張って破れたことはありません
今回は元々CD900ST用では無かったと言うことで多少の遠慮はありましたけど
最後は腕力勝負です(笑)
ただし、今回はパッドの付属品としてこんなもの(写真、黄色の棒)が入っておりまして
この大きめの耳かきのようなツールは、
パッドの端っこを引っ張ったり、ヘッドホンの溝に馴染ませたリに大活躍でした
一家に1本は常備しておきたいと思えたお道具です(笑)

あと、一応の装着が完了したら、パッドの耳の全周が溝にはまっているかを確認し、
パッドを少し回転させながら馴染ませる
これも、イヤーパッド交換では共通した注意点です


装着感や音など
厚みが増したことで、多少締め付けが強くなるかなと思ったのですが
そんなこともなく、装着感は上々です

音は、密閉感の向上のためか、これまで弱かった低音が気持ち強めにきこえます
また、ドライバまでの距離が数mm長くなったことで、音全体としてはややすっきりし
空間再現性も向上したように思います

両耳1165円の交換パッド、なかなか良い仕事をしてくれてます!

2021年4月7日水曜日

ギターシンセサイザー Roland GR-09 永遠に沈黙!

先日、実家から回収してきたギターシンセサイザーです

3年前の西日本豪雨で被災したときも実家においてあったのですが
特に水没したということもなかったので、
「いつか使うこともあるさ~」とおもいつつ、ずっと実家に放置してあった機材です


GODINのギターをつなぎ、電源を入れると、懐かしいシンセ音がきこえてきます
しかし・・・・

エディットボタンが全くの無反応(^0^;)

ということは、プリセットは使えても、音色のエディットなどはできない

「まあ、でも全く使えないってこともないし」

と思いながら、30分ほどそのままにしてあったら知らない間に電源が落ちてた

「このシンセって電源のオートオフあったかなあ」
「あったとしても、えらく早いなあ」


しかし、再度電源を入れても無反応です「え~~~~~~~~~?」
その後2日ほど放置して、もう一度トライすると、なんと表示部が点灯!!

「なんだ驚かすなよ!いけるじゃん!」

と思ったのもつかの間・・・10分もしないうちにまたもや電源落ち・・・・

以降、ずっと沈黙したままとなりましたw

GODIN MULTIAC NYLON SAとセットで中古購入したのが8年前のことでしたが
実際に使った時間はトータルでも数時間か、長くても数日です
それほど思い入れもない分、ショックは最小限ですけど、まあ、残念ではあります
しかし1994年の発売から27年経過することを考えると
良くもった方とも思えますね

さて、粗大ゴミに出すべきかどうか、の前に一応やるべきことが(笑)

裏蓋を空けると、アルミのシールドです

シールドを外すと、中の基盤が見えますが・・・・配線は1本もない完全なワンボード!
基板裏面はこんな感じです、この時点で自分にはどうにもならないと判断w
基板の表には、よく見るとボタン電池があります、もしかしてボタン電池切れが原因か??
でも、テスターで計測するとまだ3v以上を維持してます、もう完全にお手上げです
反応しなかったエディットボタンも、手の付けようがなさそうです
はい!あきらめがつきました

粗大ゴミ決定です!!

万が一ですが、再生に挑戦したい方、電子回路基板ナンクルナイサ~って方

いらっしゃいましたらさし上げますので、コメント欄よりご連絡下さいませ!