2018年7月20日金曜日

西日本豪雨 被災日誌(4)

とりあえず、休養に努めてますが、腰から背中にかけてギシギシしてます


平成30年7月17日(火曜日)

  |徳島で休養
  |
  |このたびの水害で「復旧作業にあったら便利な道具」に色々と気付かされた
  |これらは、まだまだ実家の方でも必要だし
  |自分自身にも南海トラフ地震の発生などで予想される被害に対する備えとなるはず
  |以下は思い付いたものをその都度書いたので、脈絡の無い並びとなっているが
  |その点ご容赦を
  |
  |◆高圧洗浄機
  |基本的に屋外洗浄用途だが、床上浸水だと家の中もこれで洗い流す
  |あると無いでは作業効率も疲労度も段違い
  |ただし、断水だと水道給水タイプの洗浄機は使えないので
  |可能なら「汲み上げ機能付き洗浄機」が望ましいのだが・・・
  |うちは経費節約のため水道給水タイプを購入
  |(浸水直後は洗浄機も借り物、水確保は近くの川からポンプアップで対応)
  |ただし、取扱には十分注意!!
  |最近は吐出圧が高い機種も多く、手足を直撃すると相当痛い
  |
  |◆スチームクリーナー
  |泥に浸かったフローリングや板間の汚れは、
  |何度洗っても拭いても、乾燥すると白っぽく泥の粒子が浮いてくる
  |また、床の除菌にも役立つと言うことでスチームクリーナーを購入
  |ただ、これによって床のワックスもダメージを受けるので、処理後ワックス掛けが必要
  |
  |◆電動噴霧器
  |水害後の屋内外の殺菌消毒処理は必須!
  |一応、蓄圧式(手押しの空気圧縮)の噴霧器で屋外の消毒作業はすでに行ったが
  |今後、屋内、床下、及び屋外の再処理にまだ必要だが、手動の圧縮作業は意外にきつい
  |そこで12リットルの充電式噴霧器を購入
  |
  |◆ブルーシート
  |水没を免れたものの仮置きなど、色々と重宝に使える
  |大量にはいらないけど、3.6×3.6が2枚程度あれば便利
  |
  |◆エアベッド
  |何もかもごちゃごちゃな被災家屋での仮住まいや、今回は行ってないけど避難所生活に
  |必需品では無いけどあると安心かも
  |どのみち長くは持たないだろうから高級品は必要ないと思う
  |
  |◆フロアスクイージ
  |こんな商品
  |どろどろの床を洗い流す時に使う
  |床って平坦なようでも傾きや高さの偏りがあって、流した水が上手く抜けないことがある
  |これがあれば床にたまった水も簡単に掃き出すことができる
  |ただ、普段はあまり使い道が無いので微妙ではあるが
  |
  |◆ゴム手袋
  |いやいや「軍手」でしょ、というのが普通かもしれないが
  |ばい菌だらけの泥水に浸かった場所での作業には軍手よりも衛生的
  |うっかり、炊き出しのおにぎりを手袋脱いだ手ですぐにパクっとやっても少しは安心
  |一般的なキッチン用のゴム手袋より、
  |薄くて作業のやりやすい使い捨てゴム手袋の方が良いかもしれない
  |
  |◆台車またはキャリー
  |被災直後は各家の前に災害ゴミを出しておけば収集してくれたが
  |そのうち集積所まで持っていかないと行けなくなる
  |もう何度往復したことか・・・腰、筋肉の保護のためにもあるとありがたい
  |
  |◆扇風機(買うと言うより古いものも動けば残しておく)
  |とにかく家の中・床下を乾かすことが最優先、遅れるほどカビの発生につながる
  |ちなみに実家では浸水の翌日からタンスの引き出しなどにカビが発生していた
  |窓を開けての換気だけでは足りないので扇風機を総動員
  |現在、手持ち3台、借り物6台の計9台(うち2台が床下で)がフル回転中
  |ここでちょっと重要事項!
  |家屋のコンクリート基礎には床下換気のための換気口が設置されている
  |この換気口は小動物の進入を避けるため、メッシュ状のカバーでふさがれているが
  |洪水とともに細かな草木で覆われてしまい、換気能力が無くなっていることがある
  |浸水後の床下乾燥促進のため、換気口のチェックとゴミの除去が超重要!!
  |
  |◆消毒用アルコールスプレー(手指消毒用)
  |断水状態で手が洗えない中での作業では、ほぼ必須
  |無いと作業中に食事をとる段になってオロオロする
  |オロオロするならまだ良いが、気付かずおにぎり食べたりすると食中毒もあり得る
  |
  |◆スリッパ
  |浸水直後はもちろん屋内も土足だが、
  |ある程度清掃が進むと上履き用のスリッパがあると便利
  |基本的に作業人数分だが、普段から5足程度をストックしておけばある程度間に合う
  |
  |◆ポリ袋
  |スーパー等のレジ袋から比較的大きめのものを普段からストックしておくと便利
  |(大きすぎるポリ袋は運搬が大変なのでこれくらいがちょうどいい)
  |ゴミが有料回収となっていて指定袋しか収集してくれない自治体でも
  |発災直後はすべての災害ゴミを回収(ボランティア回収も含めて)してくれる
  |速やかなゴミ出しは復旧の第1歩
  |濡れて使えなくなった衣類や諸雑貨を詰めて捨てるにはポリ袋は必須
  |ただし、発災後1週間もすれば通常のゴミ回収となるから
  |そうなったら自治体のゴミルールに従う

平成30年7月18日(水曜日)

  |社会福祉協議会にボランティアの作業依頼を電話で行う
  |
  |◆作業内容:床下の泥除去及び殺菌
  |◆必要人数:5人程度
  |◆作業時期
  |  順番待ちなので未定だが、こちらも土日しか行けない旨伝え、今後日程調整を行う
  |  キャンセルの場合は速やかに連絡のこと
  |◆その他:ボランティアセンターの開設は概ねお盆まで

平成30年7月19日(木曜日)

  |新規購入品の試用(洗浄機、噴霧器、スチームクリーナー)


平成30年7月20日(金曜日)

  |出発前の準備、積み込み

土曜日に持っていくもの

  |◆母の化粧品、靴、外出用の服
  |◆宇和島市指定のゴミ袋(燃えるゴミ)
  |◆虫除けスプレー

週末の作業予定

  |◆居間、納戸、台所、浴室の清掃、片付け
  |◆居間等のカーテン取り付け
  |◆可能なものは洗濯
  |◆和室の床下、床板、その他可能な箇所の殺菌処理
  |◆フェンスに絡まったゴミの除去
  |◆倉庫の清掃、殺菌処理
  |◆固定電話の復旧(ルーターの取り替え)
  |◆


2018年7月16日月曜日

西日本豪雨 被災日誌(3)

死ぬほど暑い、ひたすら暑い
日本語的にはおかしいかもしれないけど「熱い」と言いたくなる


平成30年7月14日(土曜日)

  |徳島から再度実家へ
  |混んでなければ片道3時間半の行程、この日も目立った渋滞など無くすんなり到着
  |実家に行く前に、母の病院、ブルーシートの購入、エアコンの手配を行ったので
  |実家到着は午後3時過ぎとなった
  |
  |実は、この日午後2時から断水が解除
  |本来の浄水、給水施設が壊滅的被害なので本復旧は困難であるが
  |山の上の給水タンクに地下水をくみ上げることで町内の一部地域に給水可能となったらしい
  |幸い実家はその一部地域に含まれていたので断水解除となったが
  |飲み水には使えないとはいえ、生活用水が蛇口から得られるのは素晴らしい!
  |まだ復旧していない地域もあるので喜んでばかりもいられないが
  |正直嬉しい
  |
  |すでに、妹親子、いとこが家の内部の洗い作業を実施しており、かなりの進捗を見せていた
  |いとこが川の水をポンプアップして室内を高圧洗浄
  |妹親子は、台所浴室等の片付け清掃でをしてくれていた
  |私も掃除を手伝って、ゴミ出し中心に作業したがすぐに午後5時
  |明日は町内からのゴミ出しの最終日だというので
  |家の前に山のようなゴミを積み上げて、この日の作業は終了
  |作業を切り上げてホテルに向かう
  |ちなみにその夜は、妹親子、いとことともに宴会(笑)

まだ断水の続く地域も残されています

平成30年7月15日(日曜日)

  |朝から作業再開
  |私の分担はやはりゴミ出しが主体だったが
  |大丈夫と思ってた掃除機や石油ファンヒーターなど軒並みアウトでかなりのショック
  |この日はいとこは所用でいなかったが、妹親子が大活躍
  |泥だらけだった部屋の様子が「少し汚れたくらい」まで復活した
  |しかし、私はどうも熱中症気味であまり活躍できなかった、残念
  |
  |午前11時、最終的な清掃作業を委託する業者さんが視察に来てくれた
  |結局、泥に使ったことで細菌繁殖やカビの温床になるため
  |床下の泥除去からやらないといけないと判明したので
  |そこを踏まえて今後の作業方針を再検討
  |また、どうやら泥水につかったものは全て廃棄というのが基本となるらしいので
  |当初の予定よりも廃棄物がずいぶん増えることになった
  |ただ、実際問題MDF製のテレビボードなどは水を吸っただけで、乾いても事前崩壊状態
  |無垢材の高級家具以外は、衛生上だけではなく耐久性からも「水没=廃棄」となる
  |ただし、ふすまなどはとりあえず廃棄は後回しにして、
  |後日様子を見ながら取り替えということにした
  |
  |午後1時頃に妹親子は兵庫に向けて帰途についた
  |そのあとすぐに、最後のゴミ回収が始まり、
  |玄関前に山積みしていたゴミを、運転手とともに軽トラに積み込む
  |久しぶりに玄関前の視界が開けた
  |
  |午後2時頃、エアコンの取り付け業者さんが到着
  |1時間弱の作業で実家のエアコンが復旧した
  |エアコンを購入した宇和島エディオンさんには工事日でずいぶん無理をきいてもらった
  |この場を借りて、感謝申し上げたい
  |
  |休憩を兼ねて(この日は休憩ばかり)、吉田支所によって罹災証明の手続きを行う
  |浸水時の写真を撮っていたのが役に立った
  |証明書は徳島に郵送してもらうこととしたが、
  |残念なことに実家の保険には水害は含まれていない、もちろん家財も・・・
  |罹災証明が役に立つかどうか不明だけど、とにかくもらっておかなくては
  |
  |その後休憩を取りつつ、片付け清掃を継続して、この日の作業は終了
  |しかし、休憩しても体のほてりがとれない・・やっぱり熱中気味か
  |
  |ホテルに戻って午後6時くらいから就寝

宇和島港に沈む夕日(ホテルの部屋から)

平成30年7月16日(日曜日)

  |遠路はるばる高知の知人が手伝いに来てくれた、もうひたすら感謝!
  |今日の作業内容は3つ
  | ・強烈な悪臭を放つコンポストの処理
  | ・家屋外周の殺菌消毒
  | ・和室の床板はがし(風を通して床下の汚泥を乾かす)
  |
  |いや~、コンポスト強烈であったよ
  |「コンポスト」ご存じだろうか?
  |土の上においた底の無いプラスチック容器に生ゴミを放り込むと、
  |腐敗と微生物の作用で分解して自然に土に帰る、という文明の利器?なのだけど
  |これが洪水で浮き上がって移動し、なかの生ゴミが漏れ出した
  |気温が上がったこともあって、ものすごい匂いを放ってる
  |消毒剤も試したが全く効き目が無いので、高知の知人と二人で撤去に踏み切った
  |もう、スコップを差し込むたびに吐き気が襲う強烈な匂い
  |「おえ」「ぐえ」とか言いながらビニール袋十数袋分の内容物を撤去
  |それからもう10時間以上経つが、まだ何かにおうきがする
  |
  |昼過ぎだったか四国電力から漏電状況のチェックのための訪問がある
  |取り急ぎ気になる漏電は無いということでホッとした
  |
  |今日も体がだるく、すぐに息が切れる
  |高知の知人に床板はがしをお願いし、自分は消毒作業
  |楽な仕事なのに、なかなかはかどらなかった
  |
  |午後4時過ぎに作業を終えて、帰途につく
  |いやはや、疲れました


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
 
 
書き忘れてましたが、奇妙なことにセミの声がほとんど聞こえません
 
短い地上生活をせぬまま一生を終わったんでしょうか
 
災難は人にとってだけ、では無かったのかもしれません

2018年7月14日土曜日

西日本豪雨 被災日誌(2)

実家の被災程度は、床上浸水と泥・・・
家屋自体の被害はあまりなかったので、流失や全半壊という被害の方に比べると軽微です
そんな程度で大騒ぎするなよ!、とも思うのですが
家が残っても独居高齢者には生活不能というのは、家が無いも同然です

逆に言えば、床上浸水だけでも生活への影響はそこそこ大きいという教訓のためにも
できるだけ復旧経緯を日誌として残しておうと思います
とかいって、2、3回で終わりなんてことも十分あり得ますが(^_^;)

平成30年7月12日(木曜日)

  |基本的には休養がメインであるが、電話で可能な段取りを色々と済ませる
  |
  |◆エアコン
  |室外機が水没した2台のうち古い方(居間)を買い換えることにする
  |14日にエディオンで購入予定だが、
  |その前にコンセントの写真を撮っていくこと(100v、200vの確認のため)
  |取り付けは、無理をきいてもらい15日午後の予定にしてもらった
  |もう一台については修理も含めて今後検討
  |
  |◆インターネット&電話
  |ルーター水没のためIP電話もネットも通じないので、YAHOO BBに連絡
  |この際、高速回線に変更することも考えたがYAHOO BB AIRはサービス範囲外
  |結局現状復旧のためにルーターを送付してもらうことにした
  |YAHOO BBのルーターは15日午前中に到着予定
  |
  |◆お掃除
  |知人から宇和島市内の業者さん(評判が良いところ)を紹介してもらう
  |
  |◆電気系のチェック
  |エディオンに相談したところ、四電または四電工に確認が必要らしい

平成30年7月13日(金曜日)

  |やはり昨日に引き続き、ここ徳島から電話で可能な段取りや確認を行う
  |
  |◆取引先関連
  | 現在進行中だった担当者に事情及び今後の予定等を電話連絡
  |
  |◆宇和島市役所吉田支所に確認
  | ・罹災証明の発行はすでに開始している
  |  発行作業は税務課、代理の申請は可能だが、本人確認資料(保険証等)、写真、
  |  可能ならば委任状が必要
  | ・断水解除の時期は、まだはっきりしないが3ヶ月くらいと考えた方が良い
  | ・電気系のチェックは町での手配はできないので個人で四電と相談する
  | ・ボランティアへの作業依頼は可能、受付は社会福祉協議会0895-23-●●●●
  | ・災害総合受付の電話番号 0895-49-●●●●
  | ・災害ゴミについて町内の仮置き場は全て満杯となった(現在は宇和島市大浦へ)
  |  被災家具等に関しては町の方で回収してくれるので表に出しておく
  |
  |◆お掃除について
  | お掃除業者さんに連絡
  | 実際の施工に関しては25日以降ということになるが
  | 浸水被害の家屋で何が必要なのかについて
  | 日曜日11時に実家で会って色々相談してみることにした
  | とても感じの良い人で安心した
  |
  |◆土曜に必要なこと
  | ・ピンクの保険証を病院に提示する
  | ・罹災証明用に保険証を持っていく
  | ・めがね持っていく
  |
  |◆その他
  | 一週間ぶりにギターに触ってみる、まあまあ覚えてた

平成30年7月14日(土曜日)

  |◆昨日から現地入りしている妹からの連絡でエアコンは100vと判明
  | 時間ロスが避けられた
  |
  |◆持っていくものリストにブルーシートを追加(宇和島ダイキで調達予定)
  |

今日から連休明けの火曜日まで実家です
 
皆様のコメントへの返信は帰着後となります
 
よろしくお願い致します!!