2020年9月24日木曜日

Paige Capo P-6E 最高のカポ、だった?


Paige Capo P-6E


Paige Capo P-6E(2014.2にamazon購入)

使いやすさでは、ねじ式やバネ式にやや劣りますが
音はほぼ最高クラスなカポダストです
何が最高かといえば、カポにありがちな「音が曇る」ことがほぼ無いこと!
これは弦押さえの部分が細身であることと、
構造的に各弦を均等におさえやすいという部分が大きいのでは、と個人的には思っています
現在、購入可能な高級カポがほとんどこのU型カポであることを見ても
優れた方式であることが分かります
  ・Elliott Capos:カポ界のロールスロイス2万円後半
  ・SHUBB Fine Tune CAPO:11千円前後
  ・D'Addario NS Cradle Capo PW-CP-18 :8千円前後
  ・G7TH HERITAGE CAPO:17千円前後

普段は別のカポを使っていても、ここぞと言うときはこのカポに付け替える・・・
それほど頼りにしていたのですが、
まだ大丈夫とはいえ、最近押さえのゴム部分が少々へたって来たと感じたので
新しい P-6Eをサウンドハウスに注文したのでしたが
これが事件の始まりでありました

ちなみに同じPaige CapoのPC-6というよく似たカポもあるのですが
これは弦おさえバーのリリースが横方向に動く形式になっていて、やたらと使いにくい
クイックリリースボタンというちょっとそそられる機構もついてはいますが
あまりおすすめできません
Paige Capo PC--6


事件とは


写真を残していないのが残念でタマリマセン
SHから届いたカポは、見慣れたP-6Eとはちょっと違ってました、すぐに気がつくのは

 特徴1:弦押さえのゴム部分が黒ではなく透明チューブ

まあ、それはちょっとしたマイナーチェンジ、パッケージにはちゃんと「P-6E」って書いてあるし
問題なかろう、と実際に使ってみたのでしたが

 特徴2:締め付けねじの動きがやたらと悪い

妙に引っかかりがあって、力を入れないと回りません
この時点で嫌な予感はありましたが、それでも使えないわけじゃない
使ってればそのうち動きも良くなるサーと気を取り直し・・・

 特徴3:弦押さえバーが曲面ではなく「への字」に折れてる

かなり閉めても6弦側がかなり浮いてます、なんで???
よく見ると弦おさえバーが曲面ではなく、折れてるようです
しかも折れ点がバーの真ん中ではなく少々ずれて「への字状」、これはあかん!
無理矢理締め付ければ、ネックに傷という事態もあり得ます

というわけで早速SHさんに申し入れ!!

「 商品の不具合」
--------------------------
ペイジカポ到着しましたが写真のようにR処理というよりは
「への字」に近くしかもへの字の折れ点が真ん中ではないため
均等に弦をおさえられない感じがします
交換か返品をお願いしたいのですがどうしたものでしょうか?
--------------------------
(この時点では写真を撮ってたのですが・・・残ってないのが残念)

SHさんのお返事は「メーカーに問い合わせたけど問題ない」 

カッチ~~~~ンッ

写真まで付けて状態説明してるのになんて返事でしょう・・・・
このあと、何度かやりとりがあったのですが、結果的には返品となりました


これは単なる不運だったのか


めでたく返品となったのはまあ良かったのですが
これって、単なる不運?それともPaige Capo の品質が落ちたのか???

正直答えはないのですが、amazonのレビューに気になるものを見つけました
要約しますと以下のとおりです(2020.3のレビュー)

 ・品質が大幅に低下
 ・押弦部分が指板のアールに合わず、きちんと押弦しない
 ・可動部分の精度も落ちていて動きが渋く、非常に使いにくい
 ・とても以前と同じ製品とは思えない

いや~これって今回の事件と同じじゃないですか
もちろんこれで最近のPaige Capo P-6Eが全部ダメってことはないでしょうけど
私自身は・・・・

もう怖くて買えません!!

【2020.9.25追記】-----------------------

サウンドハウスのP-6E商品説明に、いつのまにか以下が追加になってます

「※センターが1弦寄りとなりますので取り付けの向きにご注意ください。」

P-6Eの仕様自体が変わったのかも・・・???
「センター」の意味が、ネックおさえ側なのか弦おさえ側なのかも不明ですが
もし弦おさえ側の話なら、それは・・・・「への字」ってことやないですか
そんな需要ってあるのかなあ?

2020年9月18日金曜日

ZOOM Q8 プチメンテナンス


5年前の発売以来、何の不具合も無く正常動作を続けるZOOM Q8
今や欠かせない相棒ですが、
マジックアームで机に固定して常設してるので、常に煙害にさらされてます
5年ぶりのメンテ・・Q8君も喜んでくれたでしょうか



レンズをふきふき


まずは、カメラのイノチ「レンズ」から
普段はレンズキャップをかぶせているのでそれほどの汚れはありませんが
綺麗にするにこしたことはありません
写真のウェットクリーナーを使いますが、
カメラのレンズにはコーティングが施されていることが多いので
あまりゴシゴシしないで、ほどほどに汚れを落とします


ボディをふきふき


レンズ同様、クリーナーでヤニ汚れを落とします
レンズと違い、常時タバコにさらされているので、かなりの汚れでした
吹き終わったら、録音レベルつまみを元通りの位置に戻します
ワタシの場合は、4.5の位置が標準です
音質がどうこうとかでは無く、Q8への入力レベルや、オーディオインターフェイスのゲインなど
主に音量の関係で設定した値です



液晶パネルをふきふき


元々、液晶保護フィルムを貼ってはいましたが
タッチパネルのため、よくさわるところなどは浮いてはがれかけてます
・・・と思ったのですが
実ははがれ欠けていたのは保護フィルムの反射防止層だけだったことが判明
このはがれかけた層だけめくりとると、綺麗になりました
新しい液晶保護フィルムを百均で購入し、完全に張り替えるつもりでしたが
なんとなくきれいになってしまったので、次の機会と言うことにしましょうw
あとはまたクリーナーで汚れを落として完了です


マイクを交換


ずっと、XYH-5というXYマイク(写真左)を使用してきました
これは、別途プラグインパワーマイクを接続可能なことや
マイクの交差角度が90゜で単一音源であるギターの録音に適していると考えたからですが
今回はMSH-6というMSマイク(写真右)に交換しました


MSマイクはステレオ感の調整が可能で、ステレオサイドマイクのゲインを極小にすれば
ほぼモノラルマイクとして使用可能です
ギターをステレオ録音すると多少の広がり感はあるもの
左右の音量差を生じることが多く、特にQ8の場合のようにマイクとカメラが一体の場合
良い録音と良い録画が両立しないことがあります
そんなときはいっそモノラルマイクの方が良いなあと感じることが多々あったことから
MSマイクの採用となりました


もちろんですが、ヤニ対策としてマイクカバーも装着しました
このカバーはコンデンサーマイク用に百均のフェルトで作り置きしていたものですが
みごとにジャストフィット!!偶然でしたが手間が省けて助かりました
カバーをかぶせることで多少高域が犠牲になることも考えられますが
音量への影響も含めて、聴感上の影響はほとんどありません


電池チェック


私は、Q8の電源として写真のようなUSB給電つきタップを使っているので
内蔵電池は常に満充電状態です
その意味では電池は不要なのですが、
うちには専用の充電器も無く、電池を取り出しても過放電になるだけなので
とりあえず電池はQ8にセットしたまま使用します
なので電池チェックは、ZOOM Q4で痛い目に遭った、電池の膨れの有無の確認だけにしました



完了~!


きれいになると気持ちよい!!!(笑)
またこれで5年くらい元気に動いてくれると、「元は十二分に取った!」と言えることでしょう
Q8君、これからもギター録音頑張ろうね~~~!




2020年9月12日土曜日

ソロギター 伍々慧「雨の日はワルツを踊って」

伍々慧さんは、随分前から興味があったのですが
超絶技巧ギタリストというイメージから、どうしても弾く勇気が出なかったアーティストさんです
しかし、せっかくオンラインで楽譜購入したのに1曲も弾か(け)ないというのは
いかにももったいないし、少なからず悔しくもある(^0^;)
そんなわけで一念発起!であります(笑)

アルバム「ベッドタイムストーリー」


伍々慧さんは、1988年、大阪生まれのアコースティックギタリストです
蝶ネクタイと半ズボンのギタリストと言った方が馴染みがあるかと思いますが
モーリス・フィンガーピッキング・コンテスト2004最優秀賞の受賞という高度なテクニックと
どこか詩的で叙情的な楽曲製作と演奏で知られています
そして岸部眞明さんの門下でもあります

「BedTime Story」は子供を寝かしつけるときに読むおとぎ話といった意味ですが
伍々さんの2枚目のアルバムタイトルとなり、以下の12曲が収録されています
 Introlude
 約束の海
 My Favorite Time
 Distance
 When I'm 64 (The Beatles)
 Ticket to Starry Sky
 Moon River (Henry Mancini)
 雨の日はワルツを踊って
 Autumn Leaves (Joseph Kosma)
 つぼみ
 風待ち
 朝のしずく

なかでも「Autumn Leaves」は。ジャズの名曲「枯葉」のアレンジで
本当に素晴らしいのですが
「あ~~これは絶対弾けん」「伍々の楽曲は避けた方が無難かも・・」と
伍々さんへのハードルを数段階引き上げてしまった、そんな曲でもありました(笑)

「雨の日はワルツを踊って」


これまで弾いたことの無かったワルツに心ひかれた部分は確かにあるんですが
最大の選曲理由は・・・・BedTime Storyのなかでも
 
一番易しそうだったから

でありますw


たしかに、そう難しい曲では無いのですがやはり一番の問題は「ワルツ」のリズムでした
単純に三拍子というのではなくて、「・・・ワルツを踊って」なのだから
ほんの少し跳ねるように弾きたいと思うのですが、これがなかなか

弾き始めはなんとかそんな意識もあるんだけど
そのうち弾くことに一生懸命になってしまって、そんな意識は頭から飛んでる
と言うことがずっと続いて、結局最後は「まあ、ええか」といつも通りの着地点(笑)
それでもひと月以上頑張ったから、そろそろ飽きてもきたし
潮時・・でありますな(^0^;)

今回の曲もマイク録り+後付けリバーブです
 ・ギター:アストリアスD.CUSTOM
 ・弦:ERNIE BALL Paradigm 80/20 Bronze 11-52
 ・マイク:RODE NT3
 ・オーディオインターフェイス:ZOOM UAC-8
 ・録音ソフト:Cakewalk by BandLab
 ・リバーブプラグイン:Oririver





リズムの話だけじゃなく、弾き間違い等もけっこうやらかしてますが
お時間があれば聴いてやってください!!!

あとリバーブの設定
最近は固定化してるので変わってないですが一応公開しておきますね