2018年6月14日木曜日

西村歩さんライブ

6月10日は西村歩さんのライブでした

自分としては今回で3回目になります
もともと行くつもりでいたんですが、お葉書もメールもいただいたし
駆けつけぬわけにはいきません!

 


場所はいつもと同じ「ミュージックバーRicky」です
歩いて3分の地下駐車場に車を駐めて会場に向かいます

オープニングアクトはいつもの玉腰君ではなく、
今年は、徳島大学ギターアンサンブル部の部員「竹崎隼大君」が努めます
冒頭、上のフライヤーでの誤植をネタにライブ開始です
実はこのフライヤーの制作者は西村さん本人、
しかし西村さん曰く「ちゃんと印刷前に部長さんに確認したよ~」とのこと
厳しい追及の末、犯人は部長さんだと判明(笑)

まだ2年生で弾き語り歴も長くないとのこと、しかも「がちがちに緊張した」といってたんですが
なかなかどうして、堂々として立派なステージでした
弾き語りとして十分に上手いのはもちろんなんですが
なんと言っても、声にアジと言いますか表情のようなものがあります
僕には、彼の若さとともにそのことがとても「まぶしく」感じられました
(はいはい、無い物ねだりですw)
これから、あっという間にステップアップしていくんでしょうね、とても楽しみです!


さて、西村さんのステージです
いつも通り「夕暮れハートから」のはじまり
今、僕自身も夕暮れハートを弾いてることもあって、いつもより真剣に聴いてる私(笑)

ライブの面白さって人それぞれに色々とあると思うのですが
僕の思う楽しさの一つに、「譜面にはないちょっとした味付け」が聴けるというのがあります
譜面にはないスライドやプリング、ハンマリングが入ったり、
まれに全く違うフレーズが挿入されたり、ということなんですが
そんな中から「かっこええ!」と思えたのを一つでも覚えて帰って
自分の演奏に生かすとかできれば楽しいですよね
そんな思いで、これまで西村さんの中から自分の弾いた曲で盗めるものは無いかと
一生懸命聴いて、現場ではこれだ~!っていうのが2、3あったんですけどね・・・・
家に帰ってきたら、みんな忘れてた(笑)

まだタイトルの付いていない新曲4曲も聴かせてくれました
なんとその中にはDADGADの曲も含まれます
新しいアルバムには、あと何曲かDADGADが入るらしいです
年内にレコーディングを終えて、来年の春までにはリリースという予定だそうですが
これもまた楽しみです!


あ、そうだ、西村さんから「Tokiさんから、よろしくお伝えくださいとのことでしたよ」とのメッセージ
Tokiさん、しっかりと受け取らせていただきました(笑)

6 件のコメント:

Toki さんのコメント...

ZiZiさん こんにちは


西村さん経由と言っては何ですが、
繋がってる感じがうれしいですね^^

「譜面にはないちょっとした味付け」
そうですね、永年弾いてるとフレーズが変化したり・・
僕のなんかリズムの取り方が変わりました(笑)

DADGADが入るらしい
これには驚かされました。流石プロ。
チューニングが変わっても曲は西村さんのメロディなんですよね。
いつも視線は指板ですが、、中々あのように曲は出来ないですね。

Zi Zi さんのコメント...

>Tokiさん

譜面には無いところをまねする楽しさって
ありますよね
ただ、聴いて、持って帰って、まねするまでに
忘れてしまってることがほとんどですが(笑)

DADGADはライブで聴くまでまさかでした
でも岸部さんもチューニングからインスパイアされる部分もある
みたいなこと言ってたし
気分を変える意味でも一つの方策なのかもしれませんね

しばしば さんのコメント...

師匠
おはようございます。

西村さんのライブは年に1度の恒例になりましたねー。

西村さんはDADGADは今まで使っていなかったのですね。
CGDGBDがメインだったのでしょうか?

Zi Zi さんのコメント...

>しばしばさん

西村さんのアルバム全54曲中の45曲がCGDGBD
残り9曲がCGDGADということでCGDGBD率は83%となります(笑)
次のアルバムでDADGADが採用されれば「初」と言うことになりますね~
楽しみですけどチューニングが面倒くさい私には
ちょっと複雑なところも・・(^_^;)

Akiraman Raman さんのコメント...

早くDADGAD聴いてみたいです。使い古したチューニングをどう料理したのか期待が膨らみます。

Zi Zi さんのコメント...

>Akiramanさん

そうですね~~、僕もはやくCDで聴きたいです
ライブでは、かみしめる間もなく終わってしまって(笑)
会場をあとにすると何も耳に残ってない感じでした
新しいアルバム楽しみですね!!