2015年5月31日日曜日

さらば脱着ノイズ!Planet Waves PW-AG

~ブログクラッシュのため、こちらに再掲します~

ギターからライン出力をする場合には必ず使用する「ギターシールド」ですが・・・
ギターへの抜き差しのとき、爆音ノイズをだして
 ・心臓が止まるほど驚く
 ・アンプの生死を確かめにいく
 ・ヘッドフォンを投げ捨てる
 ・PAさんに死ぬほど怒られる
など経験された方もいらっしゃるかと思います
今日紹介するのは、そのノイズからおさらばできそうな、ギターシールドPlanet Waves PW-AGです

 
【写真:Chuya-onlineさんより拝借】

このシールドは、片方のプラグに回路遮断用のノッチが付いていて、
押し込むと回路オン、再度押すと回路オフとなります
以下の写真では、上の方が回路オフ状態、下の方が押し込んだ状態で回路オンになります

【回路OFF】
【回路ON】


基本的には、このノッチの付いた方がギター側、他方がアンプ・ミキサー側になり
回路オフの状態でギターへの抜き差しをすれば
ノイズは全く発生しません(今のところ)
ただ、かなりケーブルが硬いので、取り回しはあまり良いとは言えません
ギターを立って弾く方とかだと、多少の違和感があるかもしれませんが
演奏中にそれほど動かない場合は、問題ないと思います

ワタシが知る限り、ケーブル長は、10フィート、15フィート、20フィート、30フィートの4種類です
ちなみに現在、chuya-onlineさんでなぜか20フィートだけなんと2300円で大安売り中(笑)
http://item.rakuten.co.jp/chuya-online-fukuoka/57737
でも、残り数が2なのですぐになくなるかもしれません
  ※)すいません、私が全部買っちゃいました・・・・(値段も元に戻ってしまいました)

ところで、シールドで最も大事な音質についてですが
正直、ワタシの耳だと「ダメなケーブル」は概ねわかるものの、
一定以上の質のケーブルだとその善し悪しがよくわからないので
サウンドハウスの評価など参考にすれば、
「悪くない」そうです(^_^;)

今のところ、機能的には満足していますが
問題は耐久性でしょうか
「ノッチ」という構造上、いつまでもつのかがちょっと心配になります
とりあえず不具合が発生するまで使い続けてみて
何か変状あれば、ご報告したいと思います

あと、ひとつ注意点なんですが、抜き差しが固めのジャックに差す場合
抜くときに「プラグを握る感じ」で抜くと思いますが、このとき力が入りすぎて、
OFFになっているスイッチを誤ってONにしてしまうことがあります
当然爆音が鳴り響くことになりますから
スイッチにさわらないように気をつけて下さい

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、このようなギミックのシールドというのは他にもあります

【サイレントプラグ】

【サイレントプラグ付きシールド】

これは、抜き差しのときに金属のプラグ部分が伸縮して回路遮断される仕組みのようです
しかし、先日実際に使用している現場を拝見した限りでは
百発百中!というわけにもいかないみたいで
20回くらいの抜き差しで、2回程度爆音を発生しておりました
おそらく使用上の慣れの問題もあるでしょうし
ネット情報では一部のパッシブ型ピックアップでは効果がないというものもありました

そんなこんなで、今回は効果が確実(そうに思える)で、かつ比較的安価ということで
Planet Waves PW-AG を買ってみた次第です
爆音に肝を冷やした経験のある皆様、いかがでしょうか?(笑)

2 件のコメント:

mssumasum さんのコメント...

ZiZiさん、こんばんは。

順調に作業が進んでますね。
でもネット上にデータが残ってるって、
ちょっと怖いかも(笑)

Zi Zi さんのコメント...

mssumasum さん、おはようございます

ブログの記事って、皆さんへの情報提供ということもありますけど
自分自身の備忘録のような部分がありますから
復旧できるものはできたら復旧したいと思ってます
でもキャッシュには画像データなどは残ってませんから
手元に画像が残ってる場合でないと復旧が難しいのと
そもそも、「何を書いたか」の記憶が怪しいので(爆)
グーグルで記事を探すことが、そこそこ大変になってきたりしてます
「ギターでハッピー」とかでヒットすればいいんですが
あまりヒットしないので
検索キーワードをいろいろ試してるんですけど・・・
多分復旧できるのは、あと6,7件が限界かなって感じです
それでも、以前の記事件数の1/3くらいは復旧できたことになるので
考えてみれば上出来って言えるかもしれませんね

たしかにネット上にデータが残るというのは功罪ありますよね
本当に消えて欲しいデータであっても「消えることなく残る」というのは
ある意味おそろしいかも・・・です