2017年4月5日水曜日

ギターのサドル交換

先日、あのカラフルな弦「DR neon」を張ったギター

「Merida extrema c-35omc armrest」(DR neon を張ったときの記事はこちら

しかし、弦のせいもあるかもしれませんが
6弦が「ボヨ~ン」と、もうおよそギターの音とは思えないほどにボケてしまいました
実は弦以外の原因には十分心当たりがあります(笑)

購入直後のこと・・・
5万円くらいの安いギターにもかかわらず意外と良い音だなと驚いたものですが
弦高がやや高くて少し弾きにくかったので、サドル削りに励んだのでした
しかし、ちょっと励み過ぎちゃって(爆)
装着して弾いてみるとビビりまくり、
なおかつあれだけ張りのあった音が全体にボケてしまいました

テンション、というよりサドルの圧着圧が下がるとこれほど音が変わるのかと
良い勉強にはなったのでしたが、ギターとして全く使えない状況でしたので
応急処置として、不要になったクレジットカードを切ってサドル溝の底に敷き
その上にサドルを置くという、いわゆる上げ底方式にしたのでした
まあまあ使えるという状態にはなったのですが
ちょっとテンションがゆるめの弦だと「ボヨ~ン」(笑)

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

もちろんリペアに出すということも考えましたが
今は時間もあるし、それにそんな高級ギターというわけでもないので(^_^;)
出来合いのサドルをちょっと修正して使おうかということで
溝の幅や長さに近いものを探してネットをウロウロしてるとamazonで激安品を発見


牛骨のナット&サドルセットで送料無料の481円・・・・なんということでしょう(^_^;)
中国からの国際郵便なので到着まで20日近くを要しましたけど
お値段考えるとね~、我慢できてしまいます

事前に測っていたサイズよりはほんの少し大きいはずだったのですが
到着してみると、まるでこのギター用といわンばかりのぴったりサイズでした

しか~し、高さがちと足りない

もちろん商品ページには「高さ9mm」という表記はあったのですが
どの部分の高さかがわからないので「ままよ!」的な部分もあったのですが
案の定9mmは最大高さで、1弦側高さは7.5mm、6弦側高さは8.1mmでした
元々のサドル(黒)と比較してもさほど高さが変わらないです


こうなってはもうしかたありません

上げ底用のクレジットカードからの脱却はあきらめました(^_^;)

しかし、サドル交換するだけで弦高にして0.5mm程度は上がる感じなので
全くの無駄骨というワケでもなさそうなので、交換を決行です
購入したサドル(白)はサイズもぴったりだし、底面の水平も割ときれいにでていたので
全くの無加工で使用します

下敷きにしていたクレジットカードについては
カッターで切っただけで、切り口に微細なバリが残っていた状態だったのを
爪やすりで滑らかに整形しました
交換後はこんな感じです



 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 残念ながらサドル交換とともに弦交換もしてしまったので
サドル交換だけの効果かどうかは不明ですが、音はずいぶん良くなりました
少なくとも 「ボヨ~ン」なんて事は無く、6弦も張りのある音を取り戻しました

2 件のコメント:

shiro さんのコメント...

勉強になりますφ(・ェ・o)~メモメモ

思ったが吉日で、100円ショップで道具を集め、shiroもヌーさんで弦高調整しました(*ノω・*)テヘwww
ヌーさん、音がビビったので失敗かと思ったんですがshiroの左手が原因でしたwww

Zi Zi さんのコメント...

>しろちゃん

またまた1つステップアップしましたね
削るのは僕は紙やすりを使います
固く水平な台の上に紙やすりをひいて
そこにサドルやナットを押しつけながら削るかんじです

ともかくは成功おめでとうございました
おそらく弾きやすさは天国と地獄くらい変わったのじゃないですか(笑)
最近さぼってるのでますます引き離されそうで怖いです(^_^;)
僕も頑張らなくっちゃ~~~