2017年1月28日土曜日

ソロギター「中島みゆき・糸」西村歩さん

年明けから弾き始めた中島みゆきさんの名曲「糸」
西村歩さんのアレンジで、アルバム「Jsongs」からの7曲目になります

2カポで「2フレ&6フレのマタサキ」さえ苦にならなければ易しい部類の曲に入るので
開始から1週間くらいで暗譜も出来、通して弾けるようにもなったのですが
なかなか「上手く」は弾けない・・(^_^;)
そして録音にも成功しない・・・というわけで、長い道のりになってしまいました

「楽譜どおり弾けてたつもりなんだけど、なぜか下手にしか聞こえない」
この状態が結構長かったように思います
西村さんの演奏を聴き直しても何が違うのか良く分からなかったのですが
やっぱり「リズムだな」と
いえ、演奏後半から走ってしまう、なんて事は
私レベルにはつきものなんで、「しゃーない」で済ませてしまうのですが
この場合のリズムって言うのは「音と音の間隔」を正確にと言うことで
音符どおりの長さを正確に刻めるかどうかという意味です
これができてる人はどんな曲を弾いてもうまく聞こえるモノなんですが
スローでなおかつ装飾音が少ない曲では重要度がさらに上がると、改めて感じました

リズム感というのはある程度訓練で習得できるのだそうですが
基礎的な練習が嫌いで、かつ、もともとリズム感の貧弱な私ですから
大事と気付いたことと、それができると言うことの間には巨大な乖離がありまして(爆)
結局十分にはできないままの動画アップとなってしまいました

それでも自分の中では「少しまし」って評価はあるのですが
あいかわらずの単純ミスもちょこちょこ顔を出します
にしても、仕事の忙しさやミステイクの連続で精神的においこまれてきたことを考えると
しおドキかもなあと(笑)
毎度毎度思うのですがミステイクの山は
「いい演奏を残したい」という前向き思考ももちろんあるけど
あきらめをつけるために必要な過程という意味も大きいなあと、感じております




宇坂ギターに新規導入のSKYSONIC PRO1を装着しています
わけあって宇坂ギターは今日から入院・・(^_^;)
ちょっとさびしくなります

SKYSONIC PRO1は「ステレオアウト可能」と言うことで導入してみましたが
私の好みからすれば???な感じかなあ
あちこちのネット情報には「すばらしい!」って話ばかりが載ってまっすけど
私のセットアップが下手くそだったのかもしれません

このPUにはマグ&マイクにコンタクトまでのっかってますけど
マグ&マイクと言うことでいえば、
私にとっての最高評価はやはりセイモアダンカンのSA6といえそうです



4 件のコメント:

しばしば さんのコメント...

こんばんは。

糸、とても心に沁みいる曲ですよね。
師匠が優しく弾くと心地良いです。
うーん、師匠がそんな感じなら自分なんて
とても恥ずかしくてブログにあげられないですよ。
困りましたねー。。。

いつかは糸を弾いてみたいです。

Zi Zi さんのコメント...

>しばしばさん

いや~~、あの手この手でハードル下げとこうと
必死なのでございますよ(笑)
でも「糸」良いアレンジなので是非是非弾いてみてください
西村さんのニューアルバムも近々らしいですので
これも楽しみですね~~~!
ただし、私の消化能力の方が・・・かなり怪しいですが(笑)

西村さんの「デスペラード」が弾きたいと思う今日この頃です

Toki さんのコメント...

こんにちは。
ziziさんの「糸」に癒されました~^-^

西村さんのアレンジ良いですね、
以前は西村さんの曲練習してましたが
今は1曲も弾けなくなりましたorz
レパートリーも減る一方です(笑)

これではダメと奮起して小川倫生さんの
「ジョルジュ・メリエスの月」を
練習しはじめましたが、いつになったら
人前で演奏できるのやら~・・ですw

さて、お題の中のリズムですが、
スローテンポな曲でもリズムはありますので
僕も気をつけてます。
暗譜されて通しで弾ける様になりましたら
原曲に合わせて弾くとテンポ感が良くなると思います。
結構間違えて覚えてたりもするので一石二鳥
僕はこの方法をとっています。

Zi Zi さんのコメント...

>Tokiさん

つたない「糸」を聴いていただいてありがとうございました!

リズム・・・
おそらくですが、上手い下手を区切る最も大きな境界線ではないかと
思ってます
ほんの数小節聞いただけでも「お!!」って思える演奏は
間違いなくリズムが正確ですよね
自分にはまだその境界を越えられる自信がないです(^_^;)

原曲に合わせて弾く
いや、その方法というのは全く気付きませんでした
お手本を何度も聞くというのはよくやるんですが
一緒に弾くとたしかに少しの狂いも気付きやすいですね
というわけで
糸もやってみましたが、改めて「めちゃめちゃ」と言うことに
気付く結果(笑)
良い方法ですけど、無慈悲な方法でもありますね~(笑)