2018年3月16日金曜日

ヘッドフォン(JTS HP-535)のイヤーパッド交換

JTSというメーカのヘッドフォンにHP-535というコスパのよい機種がある
送料税込みで約2700円というお値段だが、私にはかなりいい音に聞こえる

ちょうどモニター用とリスニング用の中間的な音質で、若干のドンシャリ系
いつもモニター用に使ってるSONY MDR-CD900STほどの忠実感はないけど
音楽用にはむしろメリハリがあって聞きやすいくらいだ
側圧もそれほど強くなく、装着感もほどよい感じで、値段を考えるとよくできたヘッドフォンである
(低音が少々出すぎるのでモニター用途にはちと厳しいですが)

 
しかし、2011年末の購入からすでに6年が経過しイヤーパッドがひび割れ始めた
サウンドハウスではこの交換用パッドを左右2個で432円という爆安販売中だったので
「在庫僅少」というのにも釣られたのは確かだが・・・買ってみた


イヤーパッドというのは、経年劣化というか加水分解というかそういうもので劣化を起こします
古い耳当て部分のスポンジがボロボロになっものをご覧になった経験のある方も多いはずです
今回のイヤーパッドはこんな感じでひび割れておりまして
ひび割れが亀裂になり、最終的にボロボロに崩壊する前の初期段階です
まだ使える、といえば使えるのですが、まあボブレンのケースを買ったついでに買ってみた(笑)


交換方法はごくごく単純です
写真のプラスチック部分とイヤーパッドの境目は「溝状」になっていて
イヤーパッドはその溝にはまり込んでるだけなので
古いものを溝から引きずり出して、新しいのと交換するだけです


しか~し・・・・

単純ではあっても簡単ではない(笑)
はぎ取るのは単純に力ずくで良いのだが、新しいのを入れるのはなかなか難しい

 ◆まず、新品を装着前に十分伸ばす
 ◆装着は、とにかくどこか一部分を確実に溝の中に押し込んで
 ◆そこを起点に少しずつ溝はめ範囲を広げていくが
 ◆最後は、もろに力ずくしかない(^_^;)
 ◆イヤーパッドの溝に入る部分は割と薄いので「破れ」が気になるが、
   気にしてたら入らない(笑)
 ◆一応全部溝に入ったら、イヤーパッドを少し回転させて溝になじませる

まあこんな感じ?、自分は最初のトライでは力尽きて断念
2回目のトライは「もう力尽くで引っ張って破れても悔い無し!」って感じでようやく成功
しかし、薄く見えてもなかなか破けないのには、ある意味驚いた
苦労の成果を是非見ていただきたい(笑)



4 件のコメント:

しばしば さんのコメント...

師匠
こんばんは。

ヘッドホンのパッド部分を安く簡単に
変えられるのはいいですね。
それにサウンドハウスなら何かのついでにと
思って買ってしまうのも師匠らしいです。
その後、ニシハラギターの変化はありましたか?

Zi Zi さんのコメント...

>しばしばさん

西原ギターはこのところずっと冬眠中でして
それどころかギターに触る時間も激減中です
時期的に仕方ないことなんですが
その分、春が待ち遠しいです
とにかく目先の仕事を片付ける~、生きて桜を見る~~
って感じです(笑)

丸に橘 さんのコメント...

パッドぐらいなら交換できますからね。
私は、、、我と我が身の劣化に愕然します。しかも、交換できない。。。。(笑)
先日のインターフェイスWAVIOのヤツ、私も持ってました。PCをvistaにしたとき、繋がらなくて廃棄しました。10だと繋がるんですね!
驚き。

Zi Zi さんのコメント...

>丸に橘さん

ほんとに人間の体も交換できれば良いのに(笑)
僕は「目」を入れ替えたいです~~!

WAVIOの・・・そうですか丸に橘さんもお持ちでしたか
あの時代ってオーディオI/Fの選択肢が少なかったし
この機械は結構ヒット商品で売れてましたものね
vistaで動かなかったのは知りませんでした
win10で何か変更があったのかもしれませんね